バニラエアの予約センターは変更、払戻もできる!

05phbs05

バニラエアの予約センターは変更、払戻もできる!

一昔前に比べて多くの人が旅行に行くにも気軽に出向くことができるようになっています。毎日の生活で忙しいとしても旅行に行くことを目標にしたりすると、とても頑張ることができるという人もいることでしょう。旅行に行くにも本当にリーズナブルになっている昨今では、国内の近場に出かけるよりもかなり安く行くことができたりするのです。
安く行くことができるようになったのも為替レートも関係もあったりするのですが、飛行機でも安い航空券が販売されるようになったり、ツアーも格安のキャンペーンをしていることもあったりすることも影響しているのです。

国際線であっても数千円で行くことができる場合もあるのです。その例としても、LCCを利用するという方法もあります。

LCCというのはなるべくいろいろなサービスを省いて、その分を追加料金の設定にして航空券自体の運賃を抑えることができるというものです。飛行機の座席も狭く、指定するには料金が発生したり、手荷物を制限したり、預け荷物や機内食やドリンク、ブランケットなども追加料金になっていたりするのです。しかしながら、何よりも安さ重視でサービスが不要であるという考え方の人には最適でしょう。ピーチやジェットスター、バニラエアなどが有名です。中でもANAの関連会社として知られていて、多くの人が利用しているのがバニラエアになります。

バニラは金曜日の19時からセールを行うことが多く、その際には格安の運賃であるわくわくバニラを発売しています。就航都市としては札幌や那覇、奄美といった国内の都市や台北や高雄、香港、ホーチミン、セブといったアジアの都市になります。わくわくバニラではそれが千円程度から数千円といった価格設定であり、発売のタイミングによっても運賃が変動します。また、普段から販売されている運賃として、コミコミバニラやシンプルバニラがあります。コミコミはスタンダードシートの指定や20kgまでの預け荷物料金が込みになっていたり、手数料を払えばキャンセルをすることができたりするのです。

シンプルバニラはそういったものがついていないシンプルなプランになるのです。わくわくに関してもキャンセルもできないことになっています。
通常、インターネットからの予約をすることになるのですが、それが難しい人では予約センターに電話をする方法もあります。予約センターの利用では利用料が一人当たり千円かかるのですが、変更や払い戻しも手数料を払うことで運賃体系によってはできるようになっているので、便利です。

Categories: 未分類