バニラエアの予約センターを利用すると便利なケース

05phbo01

バニラエアの予約センターを利用すると便利なケース

最近は多くの人が旅行をするだけの経済的な余裕ができてきています。

昔は生活をしていくのが精いっぱいということもあったりして、娯楽などにお金を使うことがなかなかできなかったものです。

しかし、女性も社会に進出をしていることもあって、家庭的に収入が増えたりしたこと、そして旅行自体がかなり安く行けるようになっていることなども影響しているのです。

そこで海外旅行や国内旅行でも飛行機を使っていくというのが当たり前になっているのです。

飛行機で行くツアーや航空券を手配するにもとても安く行くことができる場合もあって、うまく工夫をして予約をすれば、近場の温泉に行くよりも安く行くことができる場合もあるのです。

近頃はLCCといった格安の航空会社もあるので、利用者が増加しています。成田空港にも第三ターミナルができたのもLCC専用のターミナルとして需要の高まりに応じた結果なのです。

LCCとしては、バニラエアをはじめとしてピーチやジェットスター、スクートなど、いろいろな会社が参入しているため、安く手配することができる航空券を探し求める人もいるのです。

LCCというのはローコストにするために、無駄を省いた航空会社になります。座席も少し狭く、預け荷物や食事やドリンク、毛布などの機内サービスも追加料金になります。

そうすることで安さを実現することができるのです。

中でもバニラエアというのは、元のエアアジアジャパンが名前が変わったものであり、ANAの子会社になります。

バニラエアは就航都市が那覇や奄美、札幌などの国内路線のほかにも、台湾や香港、ホーチミンやセブなどの国際路線もあります。価格もとても安く、数百円から数千円くらいでも手配することができたりするのです。

運賃はわくわくバニラというセール時に発売されるものとシンプルバニラやコミコミバニラといった通常期に発売されるものがあるのです。

これらの3つの運賃というのはキャンセルの可否や座席の指定、荷物の料金などが違うというものであり、基本的にはインターネットでホープページから予約を入れるようになっているものです。

各区間ごとの利用手数料が500円ずつかかることになっています。

また、電話で予約センターを通して予約を入れることもできます。

ただ、一人一回ずつ1000円の利用料がかかるようになっています。

それでもインターネットの環境が整っていない人などではとても便利に使うことができるので、予約センターに電話をするというほうがいい人もいることでしょう。

Categories: 未分類