05phbl05

バニラエアで予約センターで予約をするメリット

今の時代、飛行機になったことがある人がかなり多くなりました。これは昔からすると考えられないほどのことです。多くの人が飛行機を使って日本国内や海外に行くことができるようになっています。

旅行や出張など、あらゆる機会に使うことができるのです。これも航空券自体が安く手に入れることができるようになったことやグローバル化が進んで世界に対しての意識が高まっていること、そして為替レートの関係などで外国に行きやすくなっていることなどを挙げることができるでしょう。

国民全体でも経済力を持つ人も増えているので、それも影響しているのでしょう。

ツアーにしても航空券にしてもかなり安く予約できることもあります。
キャンペーンをしていたりすると、本当に数千円で手配することができたりすると、旅館などを利用したりして近くに温泉旅行に行くよりもずっとリーズナブルだったりするのです。

ですから、うまく手配して、その分旅先で贅沢をしたり、次の旅行に備えたりしたいものです。

最近はLCCというローコストキャリアが注目を集めています。飛行機のサービスなどを最低限にして、必要なものは追加料金にしていくというものになります。

座席も少し狭く、手荷物が制限されたり、預け荷物や機内食、ドリンクなども追加料金といったスタイルになっているので、こだわりのない人などには最適のシステムです。

日本ではエアアジアジャパンから名称が変更になったバニラエアやピーチ、ジェットスターなどの会社が参入していて、利用客も増えているのです。特にバニラエアというのは全日空の子会社であるということもあって、日本人には人気のLCCになります。

バニラエアの航空券の最安値はWEBサイトで探すことができ、那覇線や札幌線、台湾線や香港、今度はセブ線なども就航するようになるのです。

運賃は3つのタイプがあって、普段から発売されているのがコミコミバニラとシンプルバニラがあり、セール時に発売されるわくわくバニラがあります。

これらは通常インターネットでバニラのホームページから予約をすることができるようになっているのです。予約決済はクレジットカードやコンビニ振り込みになります。

また、インターネットができない環境にある人や苦手な人では予約センターに電話をして手配することもできるのです。この場合には一人当たりの利用料が発生するのですが、操作が不要なので安心して予約を入れることができるのです。

また、予約センターでも変更や払い戻しの手続きもできます。

もちろん、運賃体系で可能な場合に限るのですが、電話で問い合わせをするだけでいいので、これも安心して手続きができるので、ネットが苦手は人には最適なのです。

Read more
05phbo01

バニラエアの予約センターを利用すると便利なケース

最近は多くの人が旅行をするだけの経済的な余裕ができてきています。

昔は生活をしていくのが精いっぱいということもあったりして、娯楽などにお金を使うことがなかなかできなかったものです。

しかし、女性も社会に進出をしていることもあって、家庭的に収入が増えたりしたこと、そして旅行自体がかなり安く行けるようになっていることなども影響しているのです。

そこで海外旅行や国内旅行でも飛行機を使っていくというのが当たり前になっているのです。

飛行機で行くツアーや航空券を手配するにもとても安く行くことができる場合もあって、うまく工夫をして予約をすれば、近場の温泉に行くよりも安く行くことができる場合もあるのです。

近頃はLCCといった格安の航空会社もあるので、利用者が増加しています。成田空港にも第三ターミナルができたのもLCC専用のターミナルとして需要の高まりに応じた結果なのです。

LCCとしては、バニラエアをはじめとしてピーチやジェットスター、スクートなど、いろいろな会社が参入しているため、安く手配することができる航空券を探し求める人もいるのです。

LCCというのはローコストにするために、無駄を省いた航空会社になります。座席も少し狭く、預け荷物や食事やドリンク、毛布などの機内サービスも追加料金になります。

そうすることで安さを実現することができるのです。

中でもバニラエアというのは、元のエアアジアジャパンが名前が変わったものであり、ANAの子会社になります。

バニラエアは就航都市が那覇や奄美、札幌などの国内路線のほかにも、台湾や香港、ホーチミンやセブなどの国際路線もあります。価格もとても安く、数百円から数千円くらいでも手配することができたりするのです。

運賃はわくわくバニラというセール時に発売されるものとシンプルバニラやコミコミバニラといった通常期に発売されるものがあるのです。

これらの3つの運賃というのはキャンセルの可否や座席の指定、荷物の料金などが違うというものであり、基本的にはインターネットでホープページから予約を入れるようになっているものです。

各区間ごとの利用手数料が500円ずつかかることになっています。

また、電話で予約センターを通して予約を入れることもできます。

ただ、一人一回ずつ1000円の利用料がかかるようになっています。

それでもインターネットの環境が整っていない人などではとても便利に使うことができるので、予約センターに電話をするというほうがいい人もいることでしょう。

Read more
05phbs05

バニラエアの予約センターは変更、払戻もできる!

一昔前に比べて多くの人が旅行に行くにも気軽に出向くことができるようになっています。毎日の生活で忙しいとしても旅行に行くことを目標にしたりすると、とても頑張ることができるという人もいることでしょう。旅行に行くにも本当にリーズナブルになっている昨今では、国内の近場に出かけるよりもかなり安く行くことができたりするのです。
安く行くことができるようになったのも為替レートも関係もあったりするのですが、飛行機でも安い航空券が販売されるようになったり、ツアーも格安のキャンペーンをしていることもあったりすることも影響しているのです。

国際線であっても数千円で行くことができる場合もあるのです。その例としても、LCCを利用するという方法もあります。

LCCというのはなるべくいろいろなサービスを省いて、その分を追加料金の設定にして航空券自体の運賃を抑えることができるというものです。飛行機の座席も狭く、指定するには料金が発生したり、手荷物を制限したり、預け荷物や機内食やドリンク、ブランケットなども追加料金になっていたりするのです。しかしながら、何よりも安さ重視でサービスが不要であるという考え方の人には最適でしょう。ピーチやジェットスター、バニラエアなどが有名です。中でもANAの関連会社として知られていて、多くの人が利用しているのがバニラエアになります。

バニラは金曜日の19時からセールを行うことが多く、その際には格安の運賃であるわくわくバニラを発売しています。就航都市としては札幌や那覇、奄美といった国内の都市や台北や高雄、香港、ホーチミン、セブといったアジアの都市になります。わくわくバニラではそれが千円程度から数千円といった価格設定であり、発売のタイミングによっても運賃が変動します。また、普段から販売されている運賃として、コミコミバニラやシンプルバニラがあります。コミコミはスタンダードシートの指定や20kgまでの預け荷物料金が込みになっていたり、手数料を払えばキャンセルをすることができたりするのです。

シンプルバニラはそういったものがついていないシンプルなプランになるのです。わくわくに関してもキャンセルもできないことになっています。
通常、インターネットからの予約をすることになるのですが、それが難しい人では予約センターに電話をする方法もあります。予約センターの利用では利用料が一人当たり千円かかるのですが、変更や払い戻しも手数料を払うことで運賃体系によってはできるようになっているので、便利です。

Read more

バニラエアでの問い合わせには予約センターを利用するのが手っ取り早い

バニラエアでの問い合わせには予約センターを利用するのが手っ取り早いです。この予約センターについて説明しておきましょう。
センターは電話での問い合わせ、予約、予約の変更などの手続きに対応していて、平日の10時から18時まで開いています。夜間や土日、祝日は開いていませんから不便に感じることもあるかもしれません。また、フリーダイヤルではありませんので通話料がかかります。問い合わせには無料で対応してくれますが、予約や予約の変更などに関しては手数料が発生します。バニラエアを含むLCCでは、予約や予約の変更などの手続きはインターネットで行うのが基本です。

インターネットからの予約であればこのような手数料はかかりません。
必要な手数料は、1人1対応あたり1000円です。それを上乗せした運賃を支払って航空券を購入することになります。インターネット環境のないような人、あってもインターネットが苦手な人は利用価値があるかもしれませんが、そもそも今の時代、インターネットを使えないような人が新興のLCCであるバニラを利用するようなことがどれだけあるのかということを考えると、基本的にバニラ側はあまり電話窓口を使って欲しくない、インターネットを利用して自分で予約手続きをして欲しいというメッセージと考えるべきでしょう。

大手航空会社では当たり前の電話予約窓口も、当然ながら人件費その他の経費がかかっているわけで、誰もが必要とするサービスでないものは全て別立て料金とするLCCの考え方がここでも徹底されているわけです。
ただし、先ほども書きましたように単なる問い合わせには手数料はかかりません。さすがに単なる問い合わせにまで手数料を取るのは、顧客あっての企業として行き過ぎと考えられること、実際問題として適切な手数料の徴収方法がないことが理由と思われます。

ちなみに、どうしてもインターネットが苦手というような人で、センターに電話して予約すると手数料がかかるとなると、空港のバニラエアの窓口で予約すればどうかと思う人がいるかもしれません。ですが、それも大手の航空会社の対応に慣れきってしまっている甘い考えです。空港職員も当然ながら人件費がかかっているのです。実は、センターでの電話予約以上に手数料がかかり、こちらは2000円と2倍になっています。ですから、まだ予約センターに電話して予約や変更の手続きをするほうが安く済ませることができるのです。

Read more

バニラエアの予約センターでの予約の注意点

バニラエアですが、予約はインターネットのウェブサイトから自分自身の手で行うのが基本です。一応、インターネット環境がない人や、インターネット環境があってもパソコン操作が苦手という人のために電話予約センターもあり、そこでの予約も受け付けてはいますが、注意点があります。

一番の注意点は、手数料がかかることです。もちろん電話して単に問い合わせをするだけならば手数料などはかかりませんが、予約をするとなると手数料がかかるのです。インターネットからならばこのような手数料はもちろんかかりません。自分の手で行えるものを人に頼むと手数料がかかるということなのです。

いくらかかるのかというと、1人1対応あたり1000円です。結構な金額と思うでしょうから、インターネットを使える人であれば絶対にインターネットから予約するべきです。
もう一つの注意点は、この予約センターは平日の朝10時から夜6時までしか対応していません。土日、祝日、夜間は対応していないのです。これも、インターネットからですと24時間365日対応可能ですから、断然インターネットを選ぶべきということになります。

ちなみに、空港のカウンターでも予約を受け付けていますが、これはセンター以上に手数料がかかります。1人1対応あたり2000円です。よほどのことがない限りは利用すべきではないでしょう。むしろ、利用してくれるなというメッセージのようにも思えます。

なお、バニラエアの場合、予約後の運賃支払いについても手数料がかかります。運賃支払いは、当たり前のことですが誰でも行わなければならないもので、オプション的な位置づけとは到底考えられません。しかし、これにも手数料がかかるのです。方法は基本的に2通りで、クレジットカード支払いかコンビニ支払いです。いずれも、500円から600円程度の手数料がかかります。一応、空港のカウンターでは現金払いができ、これはさすがに手数料は必要とされませんが、先に述べたとおり空港カウンターでの予約にはそれ自身の手数料が2000円かかるわけですからあまり意味があるとは言えません。

これらの予約と支払いを考え合わせると、インターネットで予約し、空港のカウンターで現金払いするのが最も安く、一切の手数料がかからないということになりますが、当然ながらわざわざ空港に行くのは非現実的で、予約した航空券によっては支払い期日が決まっていますから、あまり利用価値があるとは言えません。

Read more